RAWとJPEGはどこまで違うのかを比較

写真

RAWデータについて

 一眼カメラで撮影する場合、私はRAWデータで撮影をしております。RAWデータですが、CANONのサイトには以下のように書かれています。

 RAW画像とは、撮像素子の出力をそのまま記録した画像データです。撮影時にカメラ内部での画像処理は行わず、「RAW画像データ+撮影時の画像処理条件の情報」という特殊な形で記録されているため、画像を見たり編集するには専用のソフトウェアが必要です。

【カメラ】RAW画像とは? https://faq.canon.jp/app/answers/detail/a_id/8879

 RAWデータで撮影することでJPEGよりも多く色の情報が記録されているため、後で写真を明るく・暗く・色温度を変えたりする時に最適です。

 今回はそんなRAWとJPEGがどこまで違うのか、両方の写真を明るくして検証してみました!



露光量をあげていく

元の写真

 今回はこちらの写真を使用します。このRAWデータを全く加工しないでJPEGにして、Lightroomで明るくしていきます。

露光量 +1.0

 少しだけ明るくしてみました。この状態ではまだ差は全くありませんね。

露光量 +3.0

 もう少し明るくしました。わかる人にはわかるのですかね・・・?私にはまだまだ違いがわかりません。+3.0まで明るくすることは滅多にありませんね。

露光量 +5.0

かなり差が出てきました!JPEGの方は流石に空が汚くなってきましたね。また地面ですがRAWの方は階調が滑らかな気がします。

拡大

 こちらは露光量 +5.0のJPEGの中央部分を拡大したものです。

 こちらはRAWデータです。こうやって比較してみると、JPEGの木の暗い部分が黒のままで、色の情報が残っていなさそうですね。RAWの同じ部分を見るとまだ明るくなっているため、階調に余裕がありそうです。

まとめ

 もっと差が出ると思っていて「やっぱりRAWは撮った後でもかなり幅広く編集ができる!」とまとめたかったですが、JPEGが思いの外綺麗に明るくできて驚きました。もちろんこれがポートレート写真など人物の顔とかになるとノイズが気になりますが、観光や記念写真ならJPEGでも大丈夫そうです。

タイトルとURLをコピーしました